2007年06月11日

惜しかった

昨日は少年野球の4年生以下の大会がありました。
うちの息子は4番ピッチャーで出場しました。試合を観ていて自分の方が心臓バクバク!
「ストライクがちゃんと入るじゃろか。」「アウトはちゃんと取りきるじゃろか。」むちゃくちゃ緊張しました。
ふたを開けてみると、どうしてどうして、3回まで0点に抑える好投。「もしかしたら、勝てるのでは!」ちょっと期待しはじめていたら、4回にコントロールが乱れ始め4点取られてしまいました。マウンドでは自分のふがいなさに悔し涙をみせる息子。「でも泣いてる場合じゃないぞ、反撃じゃ!」
なんとその裏の攻撃自らもタイムリーヒットを打ち、4点返して試合を振り出しに戻しおった!やるじゃないか!
次の回は両チームとも0点で終わり、ノーアウト満塁からのタイブレーク。これも1点取られたあとに1点返し、じつに胃が痛くなるような試合展開。
次の回も同じくタイブレーク。ここでついに力尽き負けてしまいました。
でも、うちは4年生が3人、あとは3年生の若いチームなのにここまでいい試合をするとは正直びっくりしました。将来有望なチームだと思います。
泣きながらも最後まで投げきった息子も褒めてやりました。
二試合目も負けて結局は二敗だったけど、普段試合にでることがない下級生たちが自分たちの試合をちゃんとつくっていったという経験は今後大いに役立っていくことと思います。
がんばれ!御幸タイガース!!


この記事へのコメント
おー−ー!!!
いい試合だったようですね!
うちの息子も只今特訓中ですので早くチームに入れたいです!
Posted by 四男 at 2007年06月11日 17:10
早く育てー!
待ってるぞー!
Posted by 桃栗男 at 2007年06月12日 07:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。